スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

ハワイ旅行

 9月5日(火)

この日はオアフ島への移動日。昼の便なので朝はゆっくりできた。名残惜しいけどハワイ島とお別れ。コナ空港へとバス移動。
手続きしてゲート前に歩いていると、「○○(ぼうやの名前)くん!」と女性が呼ぶ声。
誰だろうと探していると、何とぼうやの叔母さんがいた!
二人ともびっくり!!えっ、なんでびっくり
成田やせめてホノルル空港で会うなら「偶然」ですむけど、ハワイ島でなんて・・・
おばさんは友達と遊びに来てたようで、同じ飛行機でホノルルに行くところだった。
しかも、行き帰りの日程も一緒。出発地が関空か成田かの違いだった。
世間は狭い!?


色々おばさんと話して、いざ飛行機に搭乗。ここでは自由席だったので急いで窓側を死守。そして飛行機は離陸。
マウイ島を通り過ぎ、いよいよオアフ島へ!
写真では右にダイヤモンドヘッド、その左にはワイキキのホテル群が写ってます。
ウキウキしながらカメラのシャッターきりまくり!


着いたら、暑い!日差しが強い!!そして日本人ばっかし!ホテルはハワイ島は安いところだったので、奮発してシェラトンワイキキの15階以上オーシャンフロントにした。
部屋も広〜〜くってとても良かった。このホテルもワイキキ中心部にあるし便利がいいので、日本人観光客が多かった。でもホテル前にはABCストアやDFSギャラリアもあるし、とても便利でした。


落ち着いたら、とりあえず近くをウロウロした。明日の予定はなかったけど、ぼうやが「ダイビングしたい」と言い出したので、ツアーを予約。体験ダイビングを申し込んだ。明後日の半日オアフ島ツアーもついでに予約。ホテルに戻るとちょうどサンセット!超きれいだった。海に目をやると、サーファー達も海に漂ってサンセットを見ていた。同じ日没なのに日本で見るのと、なんで違って見えるのかな〜。
clinopyroxene * ハワイ旅行 * 15:24 * comments(0) * -

ハワイ旅行

9月4日(月)
ハワイ3日目は、昼からOPツアーだったので朝はゆっくり起きた。
街をぶらぶらして、買い物。やはりハワイは気候が最高だなぁ〜。

この日はマウナケア山頂に行くツアー。マウナケア山は標高4200m!高いです!
車で約2時間後にまず標高2800mのオニヅカセンターに到着。ここで高度に慣れるため1時間くらい休憩します。このときに早めの夕食を。お弁当と温かいお味噌汁がでました。
ここまでの道はアスファルトですが、かなりでこぼこしてた。このセンターには、銀剣草といって絶滅しかかっている(世界で3箇所にしかない!)珍植物が存在します。でもこのセンターに生えている数も少し。大事に大事に・・・。



休憩後、再び車で頂上へ。途中舗装されていない道路で、結構揺れた〜〜悲しい
頂上付近に行くと、各国の天文台が見えてきた。周りも赤土みたいでなんだか違う惑星に来たかんじ。
右の方に小さく月月も出ていた。
4,000mまで来ると更に空気が薄くなっていった。
ガイドさんも「あまり急に動いたりしないでくださいね」と注意を促していた。


日の入り前に頂上へ到着。すごく寒かったショック0度くらい。ガイドさんは「今日は風がないから、暖かいね」と言ってましたが、すでに足の指は感覚がなくなっていた。頂上に着いて10数分後いよいよサンセット。この日は雲があったので、雲海に沈んでいった。すごく綺麗で、雲海も単純に赤色に染まるのではなく、なんとも言い難い色をしていた。
ちなみに夕日の手前の一番左側の天文台が、日本の「すばる天文台」。


夕日が沈んだ瞬間、その場でガイドさんが「後ろ向いて!」と言った。振り返ると、写真の景色が。
これ、何だかわかります?
これは東の空。山の少し上に赤い部分があって上下は暗いですよね。
なんとこの赤い部分の下の暗いところは、地球地球の影!!
すごいですよね。一瞬の現象ですが地球を感じた瞬間でした。

サンセットの後、再びオニヅカセンターに戻って天体観測。
木星や月、すばる等色々観た。
とても感動する一日だった。
それにしてもすごく寒かった!!ハワイに行ったのにね。






clinopyroxene * ハワイ旅行 * 19:25 * comments(2) * -

ハワイ旅行

9月3日(日)

ハワイ二日目は、キラウエア火山溶岩見学ツアー。
朝からバン車でピックアップしてもらい、キラウエア方面へ。
写真で白く見えているのは、溶岩が海に流れているところで上がっている水蒸気。歩いていくと、どんどん暑くなってきた。
辺り一面は何もなく、先の方は地面が黒くなっているのがかすかに見えた。



キラウエア・ビジターセンターで少し説明を受けた後、車で溶岩のところまで。
駐車場から歩いて20分ほどすると、道路が溶岩で埋まっていた。
本当はず〜〜〜っと道路が続いていたけど、1990年の噴火によって道路が寸断して、今は通行不可能。徒歩だけOKらしい。
それで本当は岩石を持って帰りたかったんだけど、行く前のリサーチで断念した。
ハワイでは、溶岩には火山の女神・ペレの怒りが込められていると信じられているそうです。だから持って帰ると災難が降りかかるって。
これは〜〜、持って帰れませんよねショック


溶岩を海の方に歩いて行くと、海に注いだ溶岩が荒波に洗われ続け、くり抜かれたように株が削られてできたシー・アーチが見られた。
ちょっと風も強かった強風での、写真撮る時怖かったな。

でも群青色の海と黒い溶岩、青い空と白い雲の色のバランスがすごく綺麗だった。




その後、溶岩トンネルという所に行った。
熱い溶岩流が岩脈を通ったあと、冷えて固まった溶岩内に形成されたトンネルなんですが、このトンネルを通っていると一緒にツアーに参加していた人が突然、「そういえばここで江原さんはオーラがよく見える場所があるってTVでやってた」といいだし、皆で一斉に手をかざすと・・・・
確かに手先からしろ〜〜い煙のようなものが。
皆は「オーラ見えた!」と喜んでいたけど、私はこれがオーラなのか光の加減で見えたのかどっちかよくわからんな〜。
次に黒砂海岸に行って、海がめを見た。
ハワイでは海がめに出会うと、いいことがあるそうです。
私達が行ったときはちょうど砂浜で日光浴してました。

clinopyroxene * ハワイ旅行 * 17:21 * comments(5) * -

ハワイ旅行記

9月2日(土)
朝から、スーツケースに荷物を詰めて準備した。
前日までぼうやが埼玉出張だったので、ぼうや関係のものは当日詰めた。
15時過ぎに自宅を出発。重いケースを引きずりながら、駅へ。
成田エクスプレスで成田空港第2ターミナルへ。
土曜の昼とあって、新宿は大混雑。ちょっと恥ずかしいかったなぁ〜。
17時に空港に到着。着いて5万をUSドルに両替。1ドル120円と高かった。
21時に出発。飛行時間は約7時間半、日本時間では朝4時過ぎに到着!絶対眠いよね〜。

出発1時間ぐらいで機内食が出て結構美味しかったが写真撮り忘れた悲しい
仮眠を取りいよいよハワイ島、コナ空港へ!現地時間で9時半くらいに到着!着いてびっくりびっくり滑走路に直接下りるようだ。
日本では地方の小型機などの場合は、歩いて行くこともありますが、まぁ〜〜経験することはなかなか無いですよね。
乗客の人も、「え〜〜このまま降りるんだ〜」と珍しがっていて結構写真を撮ってましたカメラ


降りてからもびっくり! なんと入国審査場が外に、しかもテント!なんというか、ハワイらしいなぁ〜〜と。
写真で女の人の後ろに白い点線が書いてあるけど、この白い点線の外には出てはいけないらしく、写真を撮ろうとちょっとでも出たら「Hey!!inside!inside!!怒り」と怒られました。
お天気はとてもよく、日本みたいに湿気がないのでカラッとしてた。


着いて、JTBのデスクで書類をもらっていざバスでホテルへ!
ホテルはカイルア・コナにあるキングカメハメハホテル(Cグレード)!
ハワイ島は、グレード高いホテルが何もないところに集中していて、街に出るのは時間がかかります。
でもキングカメハメハ(後はキンカメと書きます)は街の中にあったので、とても便利。
部屋はeastの617号。広くてなかなかGood!


ホテルの部屋指定はしてなかったのでちょっと不安でしたが、着くと海も見れて部屋も広くて満足!!
写真で見えている砂浜は、ホテルのプライベートビーチ。
ベランダも広くてゆったりとしてた。
ちなみに真正面に建っている白い建物は、west棟。
(私達が泊まっているeast棟と同じ造りですので、参考にしてね。)

着いて早々、今回どうしても行きたかったツアー、シュノーケル
雑誌で見つけて自分でネット予約しました。
港に13時半集合だったので、「飛行機遅れたらどうしよう」と思ってましたが何とか間に合った。
港に着くと、日本人観光客は私達含め4人だけ。
OPツアーではないので、こうなるとは思ってたけど、ちょっとびっくり。
しかも、ガイドも全て英語なので耳をダンボにして聞いてた。


出航1時間でもぐる場所、ケアラケクア湾に到着。ここはイギリス人探検家でハワイを最初に発見した人、キャプテン・クックの記念碑が建つ場所です。彼らがこの湾に船を乗り入れた時はちょうどマカヒキ祭が行われていて、信仰心のあつい住民たちは予言の通り現れたクックをロノ神(戦いと豊饒の神でハワイの四大神の一人)の化身だと思いもてなした。その後クックは湾を出航しますが悪天候で船が損傷しまた戻ってくることに…。それが彼の運命を一転させてた。『予言と違う、ロノ神ではないのではないか』という疑問を抱かれたことをキッカケに、そして双方でいさかいも発生して、最後には住民に殺されてた。その後、非業の死を遂げた彼を偲び立てられた。(写真の白い塔がキャプテンクック記念碑)


1時間半くらい遊べました。水は曇っていたせいもあってすごく冷たかったけど透明度は抜群だった。サンゴや魚もいっぱいいて綺麗だった。
船には飛び込み台や滑り台もあって挑戦したけど、水着がお尻に食い込んだショック

ホテルに帰ると19時。
待ちをぶらぶらして、ご飯を食べて即効就寝!
移動&遊び疲れた一日でした。
clinopyroxene * ハワイ旅行 * 12:18 * comments(0) * -
このページの先頭へ